林弦太のブログ(備忘録)

林弦太の思ったことや出演情報を忘れない用のブログ

秋風にしては寒すぎる風 ~birdh93とたすいち編~


お久しぶりです。めっきり秋じゃん林弦太です。

 

・birdh93

おかげさまでbirdh93 the 1st fly 『ところで俺を抱いてくれ』無事終演いたしました。

お越しいただいたお客様、関係者各位、誠にありがとうございました。

沢山のありがたい感想をいただいてうれしさで溺れそうでした。(感想ツイートとか全部読みました)荷返しの車の中で少し泣いたくらい嬉しかった。

 

お礼をお伝えするのが遅くなってしまって申し訳ありませんでした。沢山迷惑もおかけしてしまってすみません。何卒今後ともよろしくお願いいたします。精進します。

今回は会話劇だったので次はエンタメやろっかなって言ってます。僕が。


f:id:genta1225:20181017000037j:image

 

・初舞台監督とたすいち

そして先日までたすいちさんにてスタッフについてました。初めての舞台監督クレジット。

 

たすいちさんは去年2回出演させていただいて、劇団員と野球観に行ったりするくらい仲良しなのですが、たすいちさんの良いところ、というか僕の好きなところは座組の空気が温かいところです。愛せる空気が出来てる。そんなもん愛すやん。好きです。語彙が死。


f:id:genta1225:20181017003457j:image

↑これは去年12月に出たとき誕生日サプラれた僕。嬉しかった。

 

 

座組の空気ってお客様からしたら「いや、知らんし」的なところかもしれないですが、これがなかなか侮れんもので(あくまで僕の考えですよ)舞台上に顕現するんですよ。現れ出る。

座組内の空気が良くなると個々の力や魅力がミックスアップするんですよ。ララパルーザのごとく。(ララパルーザがわからない人ははじめの一歩29,30巻を読もう!)

 

好きな人の力になりたいみたいな気持ちがグルグルして混ざり合って上がっていくんでしょうね。guizillenの主宰のさとうたつみさんは「仲良しパワー」って言ってましたが、おそらく同じ意味。キン肉マンの「友情パワー」も同じ意味。だからみんなキン肉マンを読もう!64巻のウルフマンがかっこいいよ!

 

あっ、あっ、馴れ合いみたいになってるのは別ですよ。悪いところはちゃんと指摘しあえる関係が僕の言ってる良い座組の空気です。

優しさと甘さは似て非なるよね。なあなあで「こんぐらいでええやんwww」みたいなのは違う。

 

話がズレましたがたすいちさんはつまり友情パワーを持っているってことです。正義超人です。あ、でも正義超人以外でも友情パワー使えたりとかする場合もあるからな。とりあえず目崎さんは正義超人だから新幹線から子犬を守ってほしい。

 

また話がズレました。今回のたすいちの話をしようね。

今回はシアターミラクルで3週間2作品ロングランしてます。10/6~10/21までやってます。なっげぇ。なかなかみないぞ3週間。気概ある劇団だ。ブロッケンjrだ。

 

ロングランのなにが良いかってスケジュールがあわせやすいことですよね。

なかなか1週間の公演とかだとちょうどその週だけ忙しいとかあっていけないとかよくあるんですが、3週間だと流石にどっかは空いてるはず!ですよね!

とか言ってあと1週間無いんだけどね!タイミングよ!

 

あと演劇って変わっていくのが良いところなので(もちろん同じことを繰り返すんだけど)3週間のはじめの方にもう観たよ!って方もまた観に行ってみると違ってみえて楽しめますよ。きっとね。

 

『プラスチック・ピノキオ』と『モンストロ・メモリ』って2作です。PPとMM。

PPが第28回公演でMMが第29回公演、だったはず。

改めてめちゃくちゃな公演数ですよね。たすいちたしか11年目だから年平均2.64回ですよ。しかも企画公演とかもザクザク打ってるし。僕なんて自分のユニット1回やるのでヒーヒー言ってたよ。凄いな。

こういうたすいちの詳しいことは去年の12月公演の時に柴田淳さんっていう素敵な人がすっげぇなげぇブログ書いてらっしゃるんでそれを読めばおっけです。

柴田淳:「今、たすいちを観るべき10の理由」① | 『たすいち』劇団ブログ

柴田淳:「今、たすいちを観るべき10の理由」② | 『たすいち』劇団ブログ

良い記事。

 

『モンストロ・メモリ』も『プラスチック・ピノキオ』もテーマ性みたいなのがみえやすくてあまり演劇観たことない人でも楽しめるはず。演劇の入り口としていいんだよなたすいちは。

 

『モンストロ・メモリ』は…みたいな感想書こうと思ったんですが、僕はなにかにつけて歪んで観てしまう癖があるので、気になる方はそれぞれ観に行ってみてください。

 

とりあえず僕の両方観た僕は自己討論が激しくなりました。俺と戦う俺は強くて弱い。

 

あとは感想まとまってるTogetterとか、ゲネ写とかTwitterにあがってたりするのでそちらをぜひ。ネタバレ気にする方とかは気をつけて。

 

詳しくは↓が劇団HPなのでそちらをぜひ。

たすいち

↓はTwitter

たすいち (@tasu_ichi) | Twitter

 

・愛があふれすぎた

あぁ、今後の自分のことを書こうとしたらたすいちのことを書きすぎた。

とりあえずこれは前編として明日今後のことを後編として書きます。

 

とりあえず僕の大好きな石井啓太のファイナルたすいちをみんな見届けてくれ。


f:id:genta1225:20181017003140j:image

 

 

風邪に気をつけたい 林弦太

 

P.S.たすいちさんに11月出演のguizillenのフライヤー折り込ませてもらってます。みてね。

今年のハヤシゲンタのこと


半年近くブログをほっといてしまいました。林弦太です。

 

でもなんでか毎日何人かブログにアクセスがあるのです。ありがたいね。

 

さて今年の今後の話をしましょう。今年の残りは毎月僕に会えますよやったぜ。

 

8/26 BAR たすいち

9/22,23 birdh93 ところで俺を抱いてくれ

10/26~11/6 第27班 キャビネット公演 recommend Bグループ 『どこまでもいけるのさ~あの子の田園都市線編~』

11/22~12/2 guizillen センチメンタル・ジャーニーズ Bチーム(アドバンス版)

 

昨年の12月にたすいちに出てから9ヶ月休んでた反動ですね。沢山でれるぜ!ってなってますが現状台本4本抱えてるのでなかなかがんばらねばとなってます。

 

一つずつ紹介すると

 

8/26 BAR たすいち

 

12時45分 OPEN 

13時 START 

16時 CLOSE

 

【場所】

ガイヤール

曙橋駅A4出口より徒歩3分

【チケット料金】

1800円

お飲み物・軽食も有料になりますがご用意しております。

アルコールは未成年には販売いたしません。

【ご予約】

tasuichi1@gmail.com

 

まで、代表者のお名前・日時・枚数・何かありましたら備考、を記入してお送りください。

 

昨年の12月に出演させていただいたツヅキノキセキという作品の上映会に出ます。

たすいちはもうほぼファミリー的な感じだと僕は勝手に思ってるので夏らしくワイワイしたいなと思ってます。裏話もたくさんあるしね。

 

9/22,23

birdh93 ところで俺を抱いてくれ


f:id:genta1225:20180823150826j:image
f:id:genta1225:20180823150837j:image
f:id:genta1225:20180823150954j:image


【タイムテーブル】
9/22、23ともに13:30/17:00

 

【場所】

gallery&space しあん

 

ご予約↓

https://www.quartet-online.net/ticket/birdh93-01

 

ついにmemberの藤波から「もう俺は弦太が主催だと思ってるよ」と言われてしまったので主催になりました。

自分の方は演出がむずかし楽しいし、藤波の方も繊細に攻めていっているので面白いです。

作品やユニットについて詳しくは過去の記事をみてね。

birdh93 とは - 林弦太のブログ(備忘録)

 

10/26~11/6

第27班 キャビネット公演 recommend Bグループ 『どこまでもいけるのさ~あの子の田園都市線編~』

 


f:id:genta1225:20180823152038j:image


f:id:genta1225:20180823151945j:image


f:id:genta1225:20180823152113j:image

第27班

↑第27班のブログです。ここに詳しく書いてあります。

 

『どこまでも行けるのさ〜あの子の田園都市線編〜』
日替わりキャスト

10月
27日(土) 17:00〜 樹 七菜
29日(月) 14:00〜 井上実莉
31日(水) 17:00〜 たかえめぐみ
11月
3日(土) 17:00〜 かすみまい
4日(日) 20:00〜もりみさき
6日(火) 11:00〜澤井えみり

 

タイムテーブルもこの時間ですね。期間長いけど6ステージしかないので気をつけてください。

 

昨年2回お世話になった第27班に再び出演させていただきます。嬉しいなぁ。

田園都市線編はタイトルは聞いたことあったのですが、観たことはなくて台本もらって読んだとき(面白い…!)ってなりました。ロードムービー風なのでロードムービー好きな人はぜひ。

キャビネット公演はお祭りって感じで、しかも今回は5周年ということで選りすぐりの作品達なのでB以外も観ていただきたいですね。

第27班のファンなので。僕は。

ご予約↓

キャビネット公演 recommend 予約フォーム

 

11/22~12/2

guizillen センチメンタル・ジャーニーズ Bチーム(アドバンス版)



f:id:genta1225:20180823154046j:image


f:id:genta1225:20180823154054j:image

guizillen official web site

こちらも↑が詳しいです。

 

今年ラストはguizillenです。ギジレンって読みます。ギジレンは去年観て衝撃を受けて出たいとなりましてこのたび出演させていただきます。念願かなってる系出演。

まだ台本はもらっておらず構想みたいなのを聞いているのですが、あんなに自分の考えてる話を楽しそうに話す脚本家には初めて会ったので、楽しくなると思います。

とりあえずうどんつきチケットをかってみんなでうどんを食べよう!(乾麺でのお渡しなのでご自分でご自宅で茹でていただく形です)

うどんが買える↓

センチメンタル・ジャーニーズ 予約フォーム

 

 

 

とこんな感じで今年の残りはお送りします。

まだいえてない来年の話などもあるし、あまりにもダダダッと紹介しちゃったのでまた改めて詳しく書きます。ブログさぼらない。

 

何はともあれ今後の林弦太をますますよろしくお願いいたします。

 

2018.8/23   平成最後の夏、スイカバーを食べながら、林弦太

birdh93 とは

お久しぶりです。林弦太です。

 

さて、思ったより反響をいただいた前回の「役者休みます」記事以来の更新です。ブログ読んだよって色んな人から言っていただいて嬉しい感想とか言葉を沢山いただきました。ありがとうございます。

 

で、今回書くのはタイトルのbiridh93についてなのです。読み方は「ビュードきゅうさん」って読みます。読み辛い。member内では領収書が切りにくいと結成早々不満も出ております。どうか名前だけでも覚えて帰ってください。

 

このユニットの企画書に書いた説明を載せておこうと思います。

 

【birdh93とは】
2018年1月に藤波想平と林弦太によって旗揚げ。読み方は「びゅーどきゅうさん」略称はバクサン。
1993年生まれを意識し1993年を愛している2人が演劇やコントや面白そうなことに首を突っ込んでいくためのユニット。
活動内容、どこまで1993年に拘るのかなどは未だ謎の中である。
が、目だけはキラキラさせている。

 

まぁ、上記の通りのユニットです。前々からそーへいだけにではなく誰彼構わず同い年には「同い年だけで芝居したいねぇ」みたいなことをずっと言ってたんですよ。で、勢いとタイミングが噛み合ってはじめました。ラーメン屋が冷やし中華始めるくらいのノリです。軽いね。でも気負わないくらいがちょうどいいのかもね。ゆとり世代らしいので。僕ら。

 

memberは現状2人です。増やしてえ。

そーへい、藤波想平は僕と感性が結構違うので面白いです。劇団じゃなくてユニットなので双方違う色々を持っていたほうがいいなと思ってるので、いろんなことがやれるなと思っています。

 

演劇界、って言ってしまうとそこまでやってねえだろお前みたいに言われるかもですが少なくとも僕界隈には1993年生まれが少なくてですね、現在もガンガン探してます。ほんと気軽に連絡してください。茶でもしばきにいきましょ。怖くないよ。僕からも見つけたら連絡します。怖くないよ。

 

元々僕が芝居を始めたのが専門学校からなんですが、高1で退学して翌年の春に別の高校に入りなおしているので同い年がその時点からあまりいなかったんです。同期だけど、同い年じゃない。だから同い年への執着が強いのかな、とか思ってます。

 

ただこれが始めてみると同い年以外も呼びたくなるんですよ。共演したい人めっちゃいるからね。なんとかならんかと思いつつ縛りの中でやる楽しさみたいなものもありつつです。僕はMなのかも。

 

演劇って「未経験可!」だったり「年齢不問!」だったりする団体さん多いし、なにが出来なくてもとりあえず機会さえあれば客前立てちゃったりと間口が広いんですけど逆にうちのbiridh93は「同い年のみ!」って間口せっませまです。排他的ユニットと僕は呼んでます。ちょっと印象悪いな。僕自身は博愛主義のエブリバディウェルカムボーイなんですけどね。みんな愛してる。

 

ここまで書いておいてみなさんがモヤッとしていることについて書きましょう。

「お前役者休むんちゃうんかい!!!!!」問題です。

はい。そうですね。その通り。たしかに僕はいいました。「役者休みます」と。

 

ただ僕はあくまでも「役者休みます」と言っただけで期間とかは指定してないんですよ。詳しくは前回の記事を読んでいただきたいのですが、そういう視点から読むと怖ろしいほど逃げ道用意してるんです。改めて呼んだあと「こいつ…」ってなること受け合い。

 

genta1225.hatenablog.com

 

 

なので僕としては発言に矛盾はないのですが、そりゃ誤解というか、ん?ってなるよなとは思ってます。なんかすみません。

 

ただ9月までは休んでるので嘘ではないよ…?と思ってます。休んでは!いる!

 

こんなことを言うのは申し訳ないなぁと思いますが、詐欺やんけ!と嫌いにならずこれからも応援していただけたらありがたいです。休んだ分がんばります。

 

休み明け一発目はbiridh93の公演です。

 

f:id:genta1225:20180322000434p:plain

 

 

biridh93 the 1st fly

 

『ところで俺を抱いてくれ』

https://birthof1993.wixsite.com/birdh93/next

 

2018年9/22-23 @gallery&space しあん

 

出演者

藤波想平

林弦太

(以上birdh93)

福井清香

 

制作

明戸詠音(LuckUp)

 

 

てな公演です。現状93年生まれしかいないです。有言実行ぅー

 

gallery&space しあんはとても素敵な古民家です。普通の劇場じゃない分難しい部分もありますが良い部分ももちろん沢山あるので楽しんでいきたいです。

 

客演してくれる福井清香ちゃんも素敵な女優さんです。パッとみと話した感じのギャップが面白い。良いケミストリーがうまれるようにしたいですね。

f:id:genta1225:20180322001637j:plain

美人です



 

 

毎月情報公開予定なので今後の情報もオタノシミに。一番楽しんでるのは僕たちだけれどもいっしょに楽しんでもらえたら素敵です。世界が素敵になる。

 

そんなこんなで長々と書きましたが、要約すると今後ともよろしくお願いいたします、ってことかな。あとは9月待ってるよ、みんな抱くってくらい。

 

桜も咲いて新年度を迎えますが良く変化し、そして良く変化せずまた1年踊ってやります。

 

では。

 

2018/3/22 biridh93 林弦太

 

 

 

P.S.情報公開で使わなかった他のポエム番画像貼っておきます。特に意味はないです。供養です。

f:id:genta1225:20180322001646p:plain

f:id:genta1225:20180322003155p:plain

 

今後の林弦太について

年の瀬ですね。みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 

僕、林弦太の今後のお話を少し書いてみます。最後まで読んでくれると嬉しいです。

 

林弦太は今回のたすいち『ツヅキノキセキ』への出演を持ちまして、暫くは舞台出演等の活動をしばらく休止します。あ、辞めるんではないです。戻ってきます。

 

理由は色々あります。

 

まず1つは単純に金銭面ですね。お金お金。生きるって金がかかる。大変だ。

 

それから考え方の変化です。かっこつけた言い方だな。

 

専門学校に入って芝居を始めた頃、僕はずっと有名になりたい、金を稼ぎたいと考えていました。そのために芝居を勉強してました。

 

ただ学校を卒業して事務所に入って辞めてフリーで舞台をやっていく中で有名になりたいということよりも、演劇を一生ずっと続けたいという気持ちの方が大きくなっていきました。細く長くでもいいから。お金は稼げたら理想だけど。

そんな気持ちを抱えて、色々考えて、このタイミングで一旦休まないと演劇を憎んで嫌ってしまって一生できなくなってしまうなぁと感じまして一旦休止しようとなりました。

 

あと演劇以外のことももっと知っていきたいという気持ちもずっとあるんです。大学に行かずに声優の専門学校に行ってしまったので一般的な社会というものを僕はあまり知りません。役者という生き方しか知らない。バイトはしてるけどさ。

もっと社会とか世界とか広く色々みてみたい。演劇の仕事もしたいけど。あ、あと結婚はしたいなぁ。

 

今までやってきたことに後悔は何も無いです。すべて素晴らしく素敵な経験でしたから。

 

本当は役者だけをやって生活していければいいんですけどなかなか難しい現実があります。

でもまた役者は絶対やりたいので戻ってきます。

 

戻ってくるっていってますが戻ってくるためのモチベーションどうしようってことも考えます。

でも、そもそも演劇のために私生活を犠牲にしてきたほど演劇が好きですし、あと僕には大嫌いになるほど大好きな芝居をする人がまぁ、数は少ないですがいまして(単純に大好きな人は沢山います)その人の芝居を観たらバチバチ芝居欲が沸くのでそこらへんを頼りになんとかしようかなと思ってます。

 

演劇ってずっと役者をメインにおいて続けていかないとやれないと思っていたんですが、どうやらそういうわけでもなさそうです。社会人俳優さん沢山いるらしいし。

思ってたよりずっと懐が広いみたい。

なので上手いやり方が見つかったらフラッと戻ってきます。上手いやり方知ってる人は教えてください。

 

ここからは就活ですね。演劇に関係のある仕事があればいいなと思うけどかけ離れていてもそれはそれでとも思います。あと舞台監督の勉強を少しずつします。

雇ってください。バイトとかでもなんでもご連絡お待ちしてます。マジで!

Mail:genta.1225@gmail.com

 

30歳までには戻ってきたいなーと思いつつなんとか年一くらいで舞台出られないかなーとも思っていたり。イベントとかなら出れるんじゃないかなとも思ってるしね。なんかやろうかな。

 

色々書いてますが考えなんて秒で変わっていくじゃないですか。少なくとも僕はそうなので。ここに書いたことはあくまで今の僕の考えと言うことで。

 

そんでもってここまで書いたことは全て言い訳です。長い言い訳だなぁ。

だって続けられるなら続けていたいもんね。

まぁ、仕方ない。色々あるぜ。 

 

今後は暇が増えると思います。今年一年はバタバタしてたからなかなか会えなかった人とかにも来年は会っていきたいです。連絡ください。僕からもします。

 

他にも色々あるけど全部語ればいいってわけでもないし、このへんで。

 

 

では、さよなら

 

とは言いません。

 

また会う日まで。

 

 

林弦太

たすいち『ツヅキノキセキ』終演

たすいち 10周年イヤー 第4弾 第27回公演 『ツヅキノキセキ』無事に全日程を終えることができました。

 
f:id:genta1225:20171228153034j:image

ご来場いただいた皆様ありがとうございました。

 

たすいちには今年の3月に初めて出演させていただきました。

去年出演していた舞台をたまたま主催の目崎さんが観てくださっていたのがきっかけで、それまで観たことはなかったのですが名前は聞いたことがあったので軽い感じで出ます出ますーと出演させていただきました。

 

たすいちの空気は凄く暖かくてなんというかホーム感があるんですよ。客演の立場でものびのびと芝居ができる環境です。何度でも出させてもらいたい劇団です。

 


f:id:genta1225:20171228151442j:image

今回は天野隼人という役でした。

カフェの社員で普通でいることに漠然とした不安を抱えているという子でした。

普通でいたくないって気持ちは僕も抱えている気持ちですし、みんなどこかには抱えているのではないかなと思って演じていました。

作品の途中から普通じゃなくなろうとするシーンがどんどん入ってくるんですが、普通の人が普通じゃなくなろうとするバランスというか加減がどのくらいなのかを考えるのが楽しかったです。

終盤ではなかなかここまで熱いことは言えへんぞくらいの台詞も言わせていただきました。

確かに普通に日々生きてしまっているけどそれも色んな奇跡の上に成り立っているんだなと。

当日パンフレットに書いてあった目崎さんの挨拶の言葉とほぼ同じことを台詞で言うのでテーマ性みたいな部分も担っていたのかもしれませんね。

 


f:id:genta1225:20171228152417j:image

今回は公演期間中に誕生日をむかえましてまさかのサプライズまでしていただきました。

OPチェイスの確認をするよーと言われてちょうど直前の回で少しミスをしていたのでしっかりやろうと思ってやったら急に音楽が止んでみんながわーっと出てきて…

嬉しくてびっくりすると僕は棒立ちになるんだなと勉強になりました。

本当にありがとうございます。

 


f:id:genta1225:20171228150921j:image

僕が出演陣の中で一番たすいちに出たことが無かったんですよね。

なのでたすいちに僕よりなれているみなさんに頼りながらなんとか頑張れました。すっげぇ楽しかったけど。

 

もう一度呼んでいただけるように精進したいと思います。

 

ご来場いただいたお客様、関係者の方々、たすいちのみなさんありがとうございました。

 

またいつかどこかでお会いできるようキセキがツヅキますように。

 

2017.12/28 天野隼人役 林弦太

大遅刻の皇宮陰陽師アノハ終演ブログ

ゲネプロ写真が公開されたので途中まで書いて放置してあったのを書きます。

 

レティクル東京座 N公演 皇宮陰陽師アノハ 全ステージ無事終演いたしました。2ヶ月前になってしまいますが本当にありがとうございました。

 

怪我など無く終演を迎えることができたことに感謝。殺陣シーンとか多かったから不安は多少あったんです。よかった。

 

レティクル東京座さんは名前は聞いていたんですが、観劇させていただいたこともなくて不安だらけなスタートでした。

ですが公演前からTwitterなどで色々ファクタァの方々や共演者の方とコミュニケーションを取らせていただいていたのでワクワクも大きかったです。

 

稽古のやり方って劇団ごとに色々違うんですが、正直最初はなかなか慣れなくてアジャストが大変だった記憶があります。嫌だったとかではないですよ。その合わせていく作業が楽しかった。難しいって楽しいですよね。

 

殺陣が多くある役だったのですが、刀殺陣が初めてだったのでめっちゃ苦戦しましたね。あべこが凄く上手なので参考にしてました。でもまだまだだったかな。精進ですね。

 

今回僕が演じさせていただいた山科という役はとても人間臭い役だなーと思って演じてました。

実際自分自身があの立場であの状況になったら同じようなことをしたんじゃないかと思います。清濁併せ持っているというか、芯が通り過ぎているというか、山科の自分というものはとてもしっかりしているなと。

だから悪役っぽいポジションに見えてしまっていたかもですが僕的には真っ直ぐに自分自身を貫いたったぜと思ってます。まぁ、でもシズクはごめんな。盾にして。

 

なかなか作中では誰とも仲良くなれませんでしたが稽古場ではみんなと仲良しでした。楽しかったなー。座組は仲良しであってほしい派俳優なのでよかったです。

 

楽しく過ごせたのも赤星さんはじめスタッフの方々や劇団員の方々の気配りとか劇団としての動きとかが素晴らしかったからですね。レティクル東京座はいい劇団です!好き!

 

今回の作品はおそらく僕が今までやってきた中で一番多くのお客さんに観ていただいた作品になるかと思います。たぶん。

なのでこれからの俳優活動において、なんというか比較対象になることが多くなってくる作品なのかなと思っていまして、ただ僕は過去作品はあくまで過去で最高を常に塗り替えていかなければと考えているんですね。

過去の作品がダメだということではないんですが。その時その時のフルマックスは出しているつもりなので。

ただどうしても比べられるものがあると比べたくなるのが人間だろうと思いまして。その行為自体は悪いことではなく僕もやってしまうことなのでいいんですがね。

あくまで個人的考え方の話です。個人的考え方の話をします。僕のブログなんだから書いてもいいだろう。

僕の好きなプロレスラーの言葉で

誰が言ったかは覚えちゃいねぇ。過去には勝てねぇ。昔の思い出とは闘えない。俺は29歳。プロレスもまだ7年。そんなこっちゃ分かんない。過去と闘って何が悪い!昔を越えようとして何が悪い!未来は俺が作る!生きたいように生きる!なりたい自分になる!それがプロレスラーだろ!以上!

というのがあるんです。

公演が終わる度にこれ思い出すんです。そうだな。そうありたいって。だから過去の僕はライバルですね。

本当にこれはあくまで個人的考え方なので、お客さんにはなにも関係ないんですけどね。すごい言い訳しちゃってるみたいになってますね。女々しい。まぁ、いいや。

 

アノハの終演ブログなのに自分の思想ばっかり書いちゃった。ま、このブログのタイトル備忘録ですし… アノハのことはTwitterに結構書いたのでそちらをみてね!結構遡らないとだけど!

 

改めまして皇宮陰陽師アノハに関わってくださったすべての皆様に感謝を。本当にありがとうございました!またどこかでお会い出来る日を!

 

2017.12/3  山科皇宮護衛官長  林弦太

12月出演情報

情報公開されました。

3月以来のたすいちさんです。なんでも24日の夜でちょうど10周年だとか。

ちなみにその翌日の25日は僕の誕生日です。めでたいね。

おそらく今年最後の出演になります。ぜひよしなに。

 

※11/11 あらすじ等について更新

※11/22    フライヤー画像、アフターイベントについて更新

 

 

↓以下公演情報↓

 

たすいち10周年イヤー 第4弾
第27回公演

『ツヅキノキセキ』
12月22日〜26日
@「劇」小劇場

 
f:id:genta1225:20171122213716j:image
f:id:genta1225:20171122213721j:image

やけに起こる奇跡!降りかかりすぎる災い!

 

 

平々凡々な毎日を過ごしていた僕に天使が舞い降りてきた…!?
一方その頃バイト先の同僚は悪魔を召喚することに成功していた!
百発百中で未来を見通す占い師は、何を見出していくのか!
水面下で世界の命運を左右する、奇跡の普通の物語!

たすいち10周年イヤーのラストは「終わり」と「続き」のエンターテイメント。

 

 

2007年12月末に旗揚げ公演を行ったたすいち。
2017年は10周年イヤーとして多くの公演を重ねてきました。
ついに今回で10周年!
10周年の「終わり」
劇団としての「続き」
11周年目の「始まり」
を告げる最新作!

 

【脚本・演出】

目崎剛

 

【出演】 
小太刀賢
中田暁良
中村桃子
永渕沙弥 
(以上、たすいち)

 

斉藤有希(@emotion)
柴田淳(ブラックエレベータ) 
白井肉丸 
関山未来
竹内なつき 
土田香織
坪和あさ美 
二宮咲(ガソリーナ)
林弦太 
脇領真央

 


f:id:genta1225:20171108194819j:image

 

【チケット発売】

林弦太扱い予約http://ticket.corich.jp/apply/87658/002/
(11月11日予約開始です)

前売り3500円 当日3700円
U22  2800円 当日3000円
高校生以下 2300円 当日 2500円

★・・・24日19時の回のみ、各料金から500円引き

 

【アフターイベント】

22日

19:00の回/初日挨拶

 

23日

14:00の回/中村

19:00の回/小太刀


24日

14:00の回/目崎

19:00時の回/10周年記念イベント


25日

14:00の回/漢気

19:00の回/永渕


26日

13:00の回/中田

18:00の回/楽日挨拶

 

各イベントの詳細はたすいちHPをご確認ください。

(アフターイベントに林弦太がでるのは23日19:00と26日13:00の回)